ページ

海外生活でかまぼこ

父は山に行って蕗を取ってきたり 魚を釣ったり そして取ってきたいかで塩辛を作ったり 考えてみたら自給自足の人であった。 食いしんぼうでもあったのだと思う。 食事は全体に質素であったからグルメという感じとはほど遠い人だったのだけど。 その中で特に思い出になっているのは 毎年 お正月に鯛を買ってきて かまぼこをつくっていた。 考えてみれば なんて贅沢なかまぼこであろう。 市販のかまぼこより遙かに高くつく。 鯛も おさしみにしてもいけそうな新鮮でおいしい鯛を使っていた。それは最高のかまぼこであった。
今年は 作ってみようかと思う。それで 復習。

かまぼこの作り方 約4本分
鯛 おろしたもの 1㎏
塩 大さじ二杯
片栗粉 大さじ十杯
砂糖 大さじ 五杯強
みりん 大さじ二杯
卵白 大三個

鯛は 身を包丁でこそげ落とし 水にさらし くさみをとる。
水けをとり すり鉢に入れてこすり 塩を加え 粘りが出来るまで良くすり混ぜる。
そこに片栗粉 さとうをいれる。
最後に 卵白を少しずつ加えていく。
よく混ぜてから裏ごし。
板があれば 板にのせて形を整える。 なければ 平たい皿などで代用。
表面は手でつるつるに。
ラップできちんと包み 蒸し器で中火15分間。
水に取ってさます。
水に浸すことで つやが出る。

仙崎のかまぼこが気軽に買える所で生活していたが 父は作っていた。
だから こんなに遠くにいるのだから ますます作る価値があるというものだ。

ボケロンの酢漬け


ボケロンの酢漬け
ボケロンってひしこいわしのこと?
鰯よりさらに小さくて 油の少ないお魚です。
鰯でも代用できます。
日本にいた時はお刺身用鰯でつくってました。

魚はさばいてきれいにしておく。骨は抜く。
塩をぱらぱらとかけてしばらくおく。
ワインビネガーの白 ニンニクみじん切り オリーブオイル少々 イタリアンパセリみじん切りをかけて 3日くらいから食べ頃。 Posted by Picasa

いちじく

スペインのいちじく
カソルラはあちらこちらに木がはえてます。
今日は友人宅に取りに行きました。
すごく甘いの。
母も 実家の庭のイチジクにそっくりととても喜んで。
たくさんできるので干してクリスマスにそのまま食べたり 飾りに使ったり。

赤ちゃんのための唄
パルマ パロミータ イゴシ カスタニータ

イゴがイチジクのことで イゴの複数て゛イゴスとandにあたるyイが合体して イゴシ 
手を叩きながら歌います。 Posted by Picasa

モルシージャ・ブランカ


モルシージャは一般的には豚の血を使って 色が黒。
英語でブラック・プディングの呼ばれていますが ハエンでは モルシージャ・ブランカ 白いモルシージャと呼ばれる 血を使ってないタイプが作られてます。 切って そのまま頂きます。
日本の魚肉ソーセージの食感で もっとナチュラル 松の実いり でも松の実はひいて入れられているのでぷちぷちはしません。
というような 説明でわかって頂けたでしょうか。
私は 日本の方にもきっと親しまれるあじだと思うのですが。

カソルラでは ときどき マタンサといって 豚を殺す日に 家族中が集まってわいわい言いながら モルシージャ チョリソ ハモンを作ったりします。 

お茶にしましょう

これもティトさんのお店で買った物。
敷いているのは 大阪 梅田の茶屋町 バグースで買ったコースター。たぶん一枚百円くらい。
バグースは ロフトのそぱの路地にあります。
陶器 衣類 バッグ類 そんなにたくさん店を知ってるわけではないけど 東京・大阪・鎌倉のエスニックな小物のお店の中では一番好きです。
品揃えも多いし お値段もてごろ。


これは日本では 薬草を煎じるための土瓶。
このがっしりした感じが スペインの家によくあいます。
火にもかけられるので とっても便利。

スペインではよくハーブティを飲みます。
カモミール(カモマイル)ティをマンサニージャと呼ぶのですが 小さなりんごという意味。これは古代ギリシャで 大地の小さなりんごと呼び 元気がなくなると やはり煎じて飲んでいたことから この名前があるそうです。 Posted by Picasa

メリエンダの時間


またティトさんのお皿です。
中の渦巻きが 大分県のおんたやきを思い出します。
左のお皿にのっているのは メンブリージョ(カリン)のゼリー ココナッツがけです。
やはり ウベダのお菓子屋さんで。
公営駐車場そばのお菓子屋さん







下を見るとちゃんと ティトさんのサイン入りです。でもお店の中のもの全部にサインがあるわけではありません。 弟子の方が作った物には ティトさんのサインはありません。 当然のことのようですが 実際にはすべてにサインをして高く売ってしまう人だっているんじゃないでしょうか。








おんたに似ているのでこういうものもぴったりです。
これはメルカドーナというバレンシア資本のスーパーマーケットで売ってるお菓子。
アペルティボ・ハポネッサ 日本のおつまみ として売っています。 お醤油味も浸透しています。
お醤油のことを ソイ・ソースにあたるサルサ・デ・ソハというかわりに キッコーマンとよぶ人も多いです。






メリエンダの時間は午後六時。 おやつの時間としては 日本的にいえば 少し遅いです。
バルに行って セルベッサ(ビール)やビノ(ワイン)とちょっと軽い物を食べたり 子供達は 家で何か少し たとえばボカディージョと呼ばれる バゲットのサンドイッチや 少し甘い物 果物などを食べて また遊びに出かけます。 Posted by Picasa

ガスパチョ用セット

ガスパチョというトマトの冷たいスープのためのセットですが 結構色々使えます。
大きなお皿は 煮物を大人数分。
松ぼっくりが大きいので目の錯覚で小さく見えますが かなり大きい皿です。
小さい皿は ちょうど大ぶりのご飯茶碗の大きさ。
ゆったりとご飯を入れて つかったりもします。
おそうめんを頂く時にも 重宝です。

昨日紹介した 灰皿と同じ ウベダのティトさんの作品。 アラブの影響の強い緑色がきれいです。
 Posted by Picasa

ウベダ ティトのお店のお皿

これはもともと灰皿として売ってるものなのですが 色が気に入って たばこを置くところもないし お皿として使ってます。
ティトのお店は 拙ブログで紹介してます。
ホームページでも紹介してます。

ウベダ・マドリッド間のバスの中で ティトさんのビデオを見ることができます。
娘の教科書にも出ているし 結構有名人かも。
それにしては彼の作品 なかなか良心的お値段です。 是非 一度およりください。 Posted by Picasa

アルメリアのきれいな色

アルメリア  サン・ホセで買ったセラミックのセット
サン・ホセには 市が運営する工芸品やさんがあります。
市営駐車場のすぐ。
瀬戸物だけでなく ハラッパと呼ばれる敷物もあります。
水差し 小さな少し深めのボール
カップがふたつ
きれいな色でしょ?
このセラミックは薪で焼いているのだそうです。
薪でやいているものは 色がむらになっているところもナチュラルでなんとなく手になじむかんじ。
大切にしたいと思います。 Posted by Picasa

トマト

掌に収まりきれないくらい大きいトマト。
太陽の味がします。
カソルラのご近所のよろずやさんで いつも野菜は買います。 Posted by Picasa

小皿達

アルメリア サン・ホセで買った小さなお皿。
ビー玉が下のほうにあるのですが 見えますか?
あれでだいたいの大きさがおわかりになると思います。 ひとつひとつ模様が違うので買う時も楽しかったです。 ひとつ2ユーロ。
食後に少しアイスクリームを食べる時や ちょっとサルサをいれて大皿の真ん中に置いたりと使える場面が多いです。 Posted by Picasa

ハエンの朝食

ハエンの朝食
トーストにオリーブオイル
そしてトマトを小さく切ってペーストにした物
こうやって パンにのせていただきます。
好みでお塩をかけて Posted by Picasa

干しイチジク イゴス

ご近所に住むドイツ人カップルからのプレゼント。何かなと思ったら














庭で取れたイチジクを干してチョコレートコーティング。 なすびに似せて作っています。
オレンジピール を 小さく切って 一緒に入れているので 香りが混じってとってもおいしかったです。 Posted by Picasa

オリーブオイルの壷

ご近所のお屋敷が改装し始めたので中を見せて頂きました。お台所に通じる通路にはこんな大きなオリーブオイル用の壷が。 大きなオリーブ畑を持っているのでここにこうやって貯蔵します。やはり壷の方がおいしさが保てるようです。 Posted by Picasa

子供用のワイン モスト・


左は アルコール〇%のワイン というかブドウのジュースです。
だから長女もがぶ飲み? もちろんいつもは瓶ごと飲ませたりはしませんが(笑)

カキ

スペインの柿 若い人たちはスペインの柿を食べると日本の柿の方がおいしいと言います。
年取った というか私くらいの人たちですが 人たちは 懐かしい昔の味がする と言います。
日本の柿は人々の好みで少しずつ改良されていますがスペインの柿は日本から持っていった当時そのものです。 柿はスペイン語でカキ。 Posted by Picasa

小さなお魚

スペインに住み始めて お魚を良く買うようになりました。  東京に住んでいたときは やっぱり高いし スーパーのお魚はなんとなく買う気がしなくって。近くに一件お魚屋さんがあったんだけど ちょっといじわるだったの。
とくに小さいお魚は 安くておいしい。
フライにして食べることが多いです。
塩・こしょうして 小麦粉 そして溶き卵を通して あげます。 Posted by Picasa

日本ブーム 南部鉄

スペインは日本ブーム。 南部鉄の土瓶が流行です。 スペイン人はコーヒー派ですが ハーブティをよく飲むので 結構使われてるそうですよ。 Posted by Picasa

ミンブレ

カソルラはおじいさんがミンブレといって蔦やその他の植物繊維を編み込んで籠やわらじ なんかをつくっています。
昨日は鍋敷きを買いました。 Posted by Picasa

修道院のごちそう チキンのソース和え















バエサの修道院 サンタ・クララのご自慢レシピです。材料 チキン1羽 (2~3㎏) 塩 小麦粉 タマネギ 2~3個 ニンニク スープの素 サフラン ローレル 胡椒 白ワイン 1カップ ゆで卵
 チキンはぶつ切りにしてもらう。 これに塩 小麦粉をまぶし 揚げる。 きれいな色が付いたら鍋に並べ 薄切りのタマネギ ニンニクみじん切り 白ワイン 香辛料 スープの素をいれ 暖まったら火を弱め1時間以上 煮る。できあがったら ゆで卵の輪切りを添えて。 ソースがとてもおいしくできるので ニンニクピラフを添えても。 Posted by Picasa

ドン・シモンのジュース


子供達は学校にメリエンダといって 十二時くらいに食べる軽食を持っていきます。
だいたい サンドイッチ(ボカディージョ)とジュースなんですが この良く買うジュース 日本語も書いていると言うことは 日本にも輸出してるのかしら。 Posted by Picasa

アセルガの調理例

今日はアセルガとじゃがいもをゆでてゆで汁を捨て
オリーブオイルて゜ニンニクをいためて それであえたもの。 マドリッドでは 第一のおさらでよく食べます。
アセルガはほうれん草より直ぐしなっとなりやすいので 買ったら直ぐに食べましょう。
たぶんしなしなになるのが早いから 日本では流通しにくいのだと思います。 でもほうれん草みたいにあくがなくて とろんととろけておいしいて゜す。 Posted by Picasa

アセルガ

アセルガはビタミンB、Cが豊富。 
スペインでは ほうれん草より アセルガのほうがよく食べられます。
日本名 福寿草 鹿児島県では食べているらしい。
おひたしとか おみそ汁の具にしてもおいしいと思う。
スペインではジャガイモと一緒に塩ゆでした後 お湯をきり ニンニクをオリーブオイルで炒めた物を あえて頂いたり トマトソースであえたりします。 Posted by Picasa