ページ

修道院のごちそう チキンのソース和え















バエサの修道院 サンタ・クララのご自慢レシピです。材料 チキン1羽 (2~3㎏) 塩 小麦粉 タマネギ 2~3個 ニンニク スープの素 サフラン ローレル 胡椒 白ワイン 1カップ ゆで卵
 チキンはぶつ切りにしてもらう。 これに塩 小麦粉をまぶし 揚げる。 きれいな色が付いたら鍋に並べ 薄切りのタマネギ ニンニクみじん切り 白ワイン 香辛料 スープの素をいれ 暖まったら火を弱め1時間以上 煮る。できあがったら ゆで卵の輪切りを添えて。 ソースがとてもおいしくできるので ニンニクピラフを添えても。 Posted by Picasa

ドン・シモンのジュース


子供達は学校にメリエンダといって 十二時くらいに食べる軽食を持っていきます。
だいたい サンドイッチ(ボカディージョ)とジュースなんですが この良く買うジュース 日本語も書いていると言うことは 日本にも輸出してるのかしら。 Posted by Picasa

アセルガの調理例

今日はアセルガとじゃがいもをゆでてゆで汁を捨て
オリーブオイルて゜ニンニクをいためて それであえたもの。 マドリッドでは 第一のおさらでよく食べます。
アセルガはほうれん草より直ぐしなっとなりやすいので 買ったら直ぐに食べましょう。
たぶんしなしなになるのが早いから 日本では流通しにくいのだと思います。 でもほうれん草みたいにあくがなくて とろんととろけておいしいて゜す。 Posted by Picasa