ページ

赤い薔薇ソースの伝説



日本ではまず映画から紹介されました。1992年製作だけど 日本公開はもう少しあとだったと思います。 たぶん 1994年。 メキシコ映画。 
原題は Como agua para chocolate。(ウィッキーペディア 英語)
チョコラテのための水のように というのが 直訳。 チョコラテは どろっとしたココアよりもっと濃い飲み物。 スペインだと チュロとかチュロよりもっと 太めのポーラスとじゃぱじゃばとつけて頂きます。 その チョコラテを作るための水 すなわちぶくぶくと沸騰している。
憤った心を表すメキシコの慣用句。

主人公ティタはある家族の末っ子。 ペドロと愛し合っています。
しかし 母親は末娘は 母親の世話をするもの ということで結婚を許しません。
ペドロは愛するティタと一緒にいるために ティタの姉と結婚します。
ティタは 愛を伝えるために お料理をし続ける。
本では 各章が1月から12月までになっているのですが それぞれ レシピーではじまります。
1 Tortas de Navidad(クリスマスケーキ クリスマスは 1月6日まで続くので)
2 Pastel Chabela(チャベラビールのケーキ チャベラを歌うマリアッチがあります。)
3 Codornices en Pétalos de Rosas(薔薇の花びらソースをかけた ウズラ)
などなどと続きます。 それぞれのレシピに関しては また書きたいと思います。

この3番目の ペドロのプレゼントの薔薇の花束で作ったレシピーから 邦題はつけられたようです。

映画の中では 男をなじるティタの場面があるのですが 原作にはなく ただひたすら 料理を作り続ける。 だから そこには エロチックな魔法がかかってしまう。
「愛は考えるものじゃない。感じるか、感じないかだ。」

この小説は 売れ行きから ガルシア・マルケスの「百年の孤独」と比較されますが
私は むしろマルケスの 「エレンディラ」を思い出しました。その強烈な母親とエレンディラの祖母の性格によって。
エレンディラは まだ少女です。 両親が亡くなって 祖母の世話をしていますが 不注意から家を燃やしてしまう。 それで 祖母は 失った物を返すために 売春をさせる。 そして 最後は男の子が彼女のために 祖母を殺す。 もちろん 男の子は 彼女と一緒に行こうと思っている。でもエレンディラは喜んで 走って 一人で 去っていく。
エレンディア こうやって書くと悲壮な感じがしますが いわゆる魔術的リアリズムで 不思議な世界へ連れ込み 笑いと悲しみを両方感じることができるはずです。

赤い薔薇ソースの伝説(1992) - goo 映画


本も邦題は 赤い薔薇ソースの伝説 です。

アロス・コン・レチェ


お料理学のクラスに行っているわけですが料理人コースということで 量がすごい。先日 つくったのは三百人分。鍋 泡立て器の大きさも違うし。なかなか肉体労働です。もちろんいつもいつもそんなに大量に作ってるわけでもないけどそれでも 日本の普通の生活にちょうどいい量というわけではないのでレシピーを書く時 なかなか大変。で 今日は アロス・コン・レチェ



材料
米 400㌘牛乳 1,5リットル シナモンスティック 一本レモンの皮 白い所は取ってしまう レモン二分の一個分オレンジの皮 白い所はとっしまう やはり二分の一個分シナモン 粉になった物大さじ八杯分の砂糖
作り方 ①米の用意 お湯をわかして5分間ゆでる。 ゆで汁はすてる。(余った御飯を利用も可。 その場合 水でさっと洗う)②牛乳をわかす。 牛乳にレモンとオレンジの皮 砂糖 シナモンスティックを入れて火にかける。  沸騰する寸前に火から降ろし 少し置く。 入れている物の匂いを牛乳にしっかり残すため。 しばらく置いて 中にいれているものを取り除き 米をいれて 火にかける。 十分 煮て火から下ろし 容器にいれる。 上から シナモンパウダーをかけて さめたら 冷蔵庫にいれて冷たくして いただきます。



スペイン風ライスプディングの歌#linksを聞いて見ましょう。

スペイン風ライスプディングの歌

Arroz con leche,  ライスプディング
me quiero casarcon una señorita de San Nicolás  サン・ニコラスのお嬢さんと結婚したいな
que sepa coser   お裁縫ができて
que sepa bordar  刺繍ができて
que sepa abrir la puerta  遊びに行くためにドアを開けられるお嬢さん
para ir a jugar.


Con ésta sí.   この人としたい
con éste no,   この人とはいや
con esta señoritame caso yo.  このお嬢さんと僕は結婚したいんだ
Cásate conmigo      僕と結婚しなよ
que yo te daré zapatos y medias color café  そしたら コーヒー色の靴と靴下をあげるよ



動画ダウンロード»»  PC - Mobile - Audio
Powered by TubeFire.com

料理人クラス 2月19日から始まりました。

スペインは職業安定所に色々な講座がある。職安そのものがとても明るい雰囲気なので かなり カルチャーセンター化してるという説もある。 おまけに授業料無料で ますます 奥様達の集まる所となる。もちろん 一応職業取得をめざすコースなので カルチャーセンターよりはるかにハードである。 時間も長い。 それでも 真剣にカルチャーセンターに行ってると仮定すれば なかなかよいシステムです。去年は 英語のクラスに行きました。今年は 料理人クラスです。アンダルシアを代表する料理人 La Sargaのホセが お料理を教えてくれます。今日は第一日目。町中に一件レストランがあるのですがそちらは 狭いので結婚式場として使われている 少し郊外のほうのレストランで 講義があります。二階建てで 地下もあるので広い。カマラとよばれる大型の冷蔵室 冷凍室をひとつひとつまわって 今日はからだが冷え切ってしまいました。 あとは調理室の器具類の説明。 揚げ物も八つに別れていて 魚と野菜は決してミックスしない。 などなどでした。こちらの結婚式は とにかくはでなので パーティスペースもひろかったです。だいたい 三百人から四百人 招待します。そして 基本的には 結婚式は 花嫁の家族が全部払います。うちにも 娘がひとりいますが できれば 村人ではない人と結婚してほしいな と思います。