ページ

トルティジャ スパニッシュオムレツ のレシピ

トルティジャは だいたい マドリッドのどこのバルに行ってもあるくらい 国民的食べ物です。
いえ 国民的だと思っていたのですが アンダルシアではなかなかおいしいトルティジャはいただけません。 実は 国民的というより カスティジャ地方の地方の食べ物だったんですね。

基本は ジャガイモと タマネギ少々。
ほかのものを入れるのは邪道という マドリッ子は多い。
ジャガイモはうすくうすく切って タマネギの薄切りと 一緒に多めの油で煮るように揚げます。
ジャガイモ4個に対して タマネギ4分の1 卵 4個から5個

ジャガイモとタマネギの薄切りに軽く塩をして 多めの油で揚げ煮。
そのまま 溶いた卵に入れてまぜたあと フライパンで丸く焼く。
軽く かき混ぜながら 中に火が通っているけど ぱさぱさではない状態。
フレンチオムレツと同じ方法です。
ひっくり返す時は お皿をフライパンにかぶせて(ですから フライパンより一回り大きい皿を使う)
一度取り出した後 焼けてない方を下にして フライパンにもどす。

これは ピクニックに行く時のマドリッ子の定番です。

今回は 別のタイプのトルティジャを紹介します。
おしゃれなレストランで出される ソース(サルサ)であえた トルティジャ。
ジャガイモを揚げる時に タマネギと一緒に細切りにした 赤ピーマンを少しまぜると 色合い的にもきれいになるし 風味も 少しマイルドになります。

サルサは サルサ・ベルデ(グリーンソース)
タマネギ一個をみじん切り・ にんにくもみじん切り これをよーーーく バターでいためます。
弱火でゆっくり ここに 小麦粉少々をまぜて ルーをつくり スープと パセリのみじん切り 大さじ三杯をいれて 塩胡椒してしあげ。

これに三角に切った トルティジャを入れて暖めて 出します。
この方法だと 作りたてでなくても 暖めて おもてなしができますね。

北海道にスペインのバル街

バルって 居酒屋でもあるけど 喫茶もできるし 朝ご飯も食べられる。
フランスのカフェみたいな感じなんです。

北海道新聞から
函館西部地区「バル街」 本家スペインに発信 実行委の深谷さん来月、現地で講演(09/05 14:12)
 函館市西部地区の飲食店をスペインの立ち飲み居酒屋(バル)に見立てて飲み歩く催し「バル街」。実行委員長を務める同市内のスペイン料理店経営の深谷宏治さん(60)が、十月に“本家”の同国で行われる料理イベントに出席し、バル街について講演する。同月には東京のデパートで開かれる北海道物産展の会場でバル街を再現する企画もあり、バル街の魅力が広く発信されそうだ。

 料理イベントは十月二十九日から三日間、スペイン北部のバスク地方で開催される「国際ピンチョスフォーラム」。スペイン語で小皿料理を意味するピンチョスの可能性を追求するため、同国の料理団体が初めて企画。メーンは各国の有名シェフら約四十人による講演と料理の実演で、深谷さんは講師として日本からただ一人招待された。

 昨年、バスク地方で催された別の料理イベントを深谷さんが視察した際、現地の関係者にバル街について話した。バル街のようなイベントは当地になく、食生活を楽しむスペイン文化をうまくシステム化した点が評価され、今回の招待につながったという。

 また、物産展は松屋銀座銀座店が十月三十一日-十一月六日に同店で開く。深谷さんら函館と近郊のレストラン、すし、パン、菓子店などの店主ら十三人でつくる「クラブガストロノミー・バリアドス」が初めてコーナーを持つ。会場の一角にはバーカウンターも設けられ、夕方五時以降、ワインと各店が趣向を凝らしたピンチョスが振る舞われ、来場者にバル街の雰囲気を味わってもらう。松屋銀座は実際のバル街の様子を収めたビデオの上映も検討している。

 スペインと東京で相次ぎバル街をPRする深谷さんは「バル街は歴史的な建物が残る函館西部地区だからこそ評価を受けている。函館の良さも合わせて訴えてきたい」と意気込んでいる。



 一年半ぶりの日曜開催となる「第八回函館西部地区バル街」は九月九日午後二時から同地区で行われる。参加店は過去最多の六十店。前売り券は五枚(一店で一枚使用)つづりで、一冊三千円(当日は三千五百円)。問い合わせはレストラン・バスク(電)0138・56・1570へ。(石井昇)

フェリアの屋台

8月の終わりくらいから 各地で フェリアというお祭りが始まります。
だいたい一週間くらい 各村・各市で 違う日に始まります。
特に アンダルシアでは フェリアは 大切なお祭りで その時期をきちんと把握して旅行しないと
宿が取れない時もあります。
フェリアの時期は たくさん屋台が出ます。



なすの重ね焼き

milhojas de berenjena
なすの千枚重ね





材料 なす 太めのなす (薄切りにして 塩・胡椒して 小麦粉をまぶす)
   フレッシュチーズ 味はカッテージチーズのような感じ
   黒蜜

作り方

なすを軽く 揚げて チーズの薄切りと かわりばんこに置き オーブンで 焼く。
焼いた後 黒蜜をかける。




ほんとうは黒蜜ではないのですが
黒蜜にそっくりなものが売っているのです。
黒蜜 なのかな?

miel de caña ミエル・デ・カニャ サトウキビのはちみつ

聖人 全員集合 の お菓子

coca de todos los santos
マンテカ(ショートニング)のトルティタ とか アセイテ(植物油)のトルティタ
または アントッハ とよばれる うすっぺらのお菓子の仲間。
ホットケーキをオーブンで焼いたような感じです。
元祖カルメラ焼きとも言えるのではないか と思います。
だいたい ヨーロッパのお菓子は もともと アラブの商人がオリエンタルから伝えたもの(ブラマンジェは杏仁豆腐だし マジパンはペルシャから来ています) もしくは 修道院で 作り始めたものがほぼ 
99%だと思います。 あとは それらをブルジョワ社会で 育て上げた。

今日のお菓子も もちろん修道院で作り始められました。
見た目質素ですが すっごく おいしいです。
アニス酒嫌いだと だめ かも・・・・
でも うちの子供達 こどもってアニス酒は やっぱり匂ってもだめっ なんですが
このお菓子は 大好きです。 焼いてるうちに 甘い香りだけが残ります。
アニスは 八角ですね。

アニス酒は 辛口・甘口 がありますが 今回は 甘口を使います。
アニス酒 は こちら でミニチュアボトルが250円です。


材料 卵三個
   砂糖 400㌘
   牛乳 250㏄
   植物油 (ひまわり油)250㏄ ひまわりがない時は その他の癖の少ない種からとれたもの。
   小麦粉 600㌘
   ベーキングパウダー 小さじ1
   レモンの皮のすり下ろし 少々
   くるみ 125㌘
   レーズン 125㌘をアニス酒にひたひたに浸し 1時間以上。

オーブンは 220℃に熱しておく。
  
作り方 卵に砂糖を少しずついれながら 泡立てる。 文字が書けるくらい もったり白く。
    そこに 牛乳・油をいれ かき混ぜる。
    小麦粉とベーキングパウダーをあわせてふるったものを いれて 切るように混ぜる。
    くるみ(ひとつを四つに切る)と アニス酒から取り出したレーズンをまぜる。
    オーブンの受け皿にハトロン紙を敷き ホットケーキをつくるようにまるく置く。
    一個につき 10分くらい(オーブン 220℃)
    これで 六個を目安につくってください。 
    もう少し小さくして 10個くらいしても。
    ハトロン紙をつけたまま保存します。
    お酒が入っているので 何日でもおいしいです。



今日のおまけです。
ほうき 

お料理作るのは楽しいけど そのあと ちゃんとお掃除しなくっちゃ♡

クレーマ カタラーナ 

クレーマ・カタラーナは スペイン・カタルーニャ地方のお菓子です。
Crème bruléeクレームブリュレにそっくりです。
クレーム・ブリュレの歴史によると どちらが 古い歴史を持つのかわからないそうです。
クレーム・ブリュレは イギリスで1691年にMassialot's cookbookに掲載されたのが 歴史にはっきり現れた最初だそうです。 その時は フランス語で呼ばれていたので フランスからイギリスに伝えられたというのが定説。 しかし 18世紀にはburnt creamと呼ばれるようになりました。
英国のトリニティ カレッジで 典型的な デザートです。

もともと フランスは 国王の土地は 北部のみで 南部は貴族の領地。
そこは 国王の属国であると同時に スペインのアラゴンの国王の属国でもありました。
スペイン・カタルーニャも アラゴンの属国。
そして カタルーニャのことばとフランス南部のことば オクは 大変似ていて出自は同じと考えられます。 ですから たぶん このあたりから出てきたデザートであることは確かですね。

    

crema catalana
材料 牛乳 300㏄
   卵  三個
   砂糖 60㌘
   コーンスターチ 6㌘ 小さじ1くらい
   レモンの皮 少々
   バニラビーンズ または バニラエッセンス
   赤砂糖 30㌘

作り方 牛乳にバニラとレモンの皮を入れて暖めます。
    卵を泡立てます。 砂糖をいれて白く重たくなるまで泡立てたら コーンスターチを混ぜます。
    泡立てた卵に牛乳を少しずついれて かき混ぜます。
    弱火にかけて だまができないように ゆっくりかき混ぜながら火を通します。
    火が通ったら (ニ・三個 空気のもれるように 表面にぶつぶつ出たら)火を止めます。
    一人用のお皿に入れて冷やします。
    
    いただく前に 赤砂糖を軽くふって 鉄の型を熱して 表面を焦がす。(caramelizar)
バーナーでこがしてもいい。
    



写真は クレーマ・カタラーナ用の焼きごて。
カラメルソースを上にかけてもいいです。

カラメルソースは 砂糖と少量の水を小鍋に入れて火にかけ 色がついたらできあがりです。

池袋のスペイン料理屋さんでは テーブルに持ってきた後で バーナーで焦がしてくれました。