ページ

海外生活でかまぼこ

父は山に行って蕗を取ってきたり 魚を釣ったり そして取ってきたいかで塩辛を作ったり 考えてみたら自給自足の人であった。 食いしんぼうでもあったのだと思う。 食事は全体に質素であったからグルメという感じとはほど遠い人だったのだけど。 その中で特に思い出になっているのは 毎年 お正月に鯛を買ってきて かまぼこをつくっていた。 考えてみれば なんて贅沢なかまぼこであろう。 市販のかまぼこより遙かに高くつく。 鯛も おさしみにしてもいけそうな新鮮でおいしい鯛を使っていた。それは最高のかまぼこであった。
今年は 作ってみようかと思う。それで 復習。

かまぼこの作り方 約4本分
鯛 おろしたもの 1㎏
塩 大さじ二杯
片栗粉 大さじ十杯
砂糖 大さじ 五杯強
みりん 大さじ二杯
卵白 大三個

鯛は 身を包丁でこそげ落とし 水にさらし くさみをとる。
水けをとり すり鉢に入れてこすり 塩を加え 粘りが出来るまで良くすり混ぜる。
そこに片栗粉 さとうをいれる。
最後に 卵白を少しずつ加えていく。
よく混ぜてから裏ごし。
板があれば 板にのせて形を整える。 なければ 平たい皿などで代用。
表面は手でつるつるに。
ラップできちんと包み 蒸し器で中火15分間。
水に取ってさます。
水に浸すことで つやが出る。

仙崎のかまぼこが気軽に買える所で生活していたが 父は作っていた。
だから こんなに遠くにいるのだから ますます作る価値があるというものだ。