ページ

お茶にしましょう

これもティトさんのお店で買った物。
敷いているのは 大阪 梅田の茶屋町 バグースで買ったコースター。たぶん一枚百円くらい。
バグースは ロフトのそぱの路地にあります。
陶器 衣類 バッグ類 そんなにたくさん店を知ってるわけではないけど 東京・大阪・鎌倉のエスニックな小物のお店の中では一番好きです。
品揃えも多いし お値段もてごろ。


これは日本では 薬草を煎じるための土瓶。
このがっしりした感じが スペインの家によくあいます。
火にもかけられるので とっても便利。

スペインではよくハーブティを飲みます。
カモミール(カモマイル)ティをマンサニージャと呼ぶのですが 小さなりんごという意味。これは古代ギリシャで 大地の小さなりんごと呼び 元気がなくなると やはり煎じて飲んでいたことから この名前があるそうです。 Posted by Picasa

メリエンダの時間


またティトさんのお皿です。
中の渦巻きが 大分県のおんたやきを思い出します。
左のお皿にのっているのは メンブリージョ(カリン)のゼリー ココナッツがけです。
やはり ウベダのお菓子屋さんで。
公営駐車場そばのお菓子屋さん







下を見るとちゃんと ティトさんのサイン入りです。でもお店の中のもの全部にサインがあるわけではありません。 弟子の方が作った物には ティトさんのサインはありません。 当然のことのようですが 実際にはすべてにサインをして高く売ってしまう人だっているんじゃないでしょうか。








おんたに似ているのでこういうものもぴったりです。
これはメルカドーナというバレンシア資本のスーパーマーケットで売ってるお菓子。
アペルティボ・ハポネッサ 日本のおつまみ として売っています。 お醤油味も浸透しています。
お醤油のことを ソイ・ソースにあたるサルサ・デ・ソハというかわりに キッコーマンとよぶ人も多いです。






メリエンダの時間は午後六時。 おやつの時間としては 日本的にいえば 少し遅いです。
バルに行って セルベッサ(ビール)やビノ(ワイン)とちょっと軽い物を食べたり 子供達は 家で何か少し たとえばボカディージョと呼ばれる バゲットのサンドイッチや 少し甘い物 果物などを食べて また遊びに出かけます。 Posted by Picasa

ガスパチョ用セット

ガスパチョというトマトの冷たいスープのためのセットですが 結構色々使えます。
大きなお皿は 煮物を大人数分。
松ぼっくりが大きいので目の錯覚で小さく見えますが かなり大きい皿です。
小さい皿は ちょうど大ぶりのご飯茶碗の大きさ。
ゆったりとご飯を入れて つかったりもします。
おそうめんを頂く時にも 重宝です。

昨日紹介した 灰皿と同じ ウベダのティトさんの作品。 アラブの影響の強い緑色がきれいです。
 Posted by Picasa

ウベダ ティトのお店のお皿

これはもともと灰皿として売ってるものなのですが 色が気に入って たばこを置くところもないし お皿として使ってます。
ティトのお店は 拙ブログで紹介してます。
ホームページでも紹介してます。

ウベダ・マドリッド間のバスの中で ティトさんのビデオを見ることができます。
娘の教科書にも出ているし 結構有名人かも。
それにしては彼の作品 なかなか良心的お値段です。 是非 一度およりください。 Posted by Picasa

アルメリアのきれいな色

アルメリア  サン・ホセで買ったセラミックのセット
サン・ホセには 市が運営する工芸品やさんがあります。
市営駐車場のすぐ。
瀬戸物だけでなく ハラッパと呼ばれる敷物もあります。
水差し 小さな少し深めのボール
カップがふたつ
きれいな色でしょ?
このセラミックは薪で焼いているのだそうです。
薪でやいているものは 色がむらになっているところもナチュラルでなんとなく手になじむかんじ。
大切にしたいと思います。 Posted by Picasa