ページ

タルタ・デ・マンサーナ りんごのタルト

りんごパイは スペインでは比較的よく食べられると思います。
朝ご飯として カフェ・コン・レチェと一緒に
メリエンダ(おやつとしても)
生地はパイ生地を使用する事もありますが
スペインではだいたい このクッキー生地を利用することが多いようです。

まず 生地。
Pasta Quebrada 焦げ焦げ生地(卵が入ってるから焦げやすいというだけ)パイ皿2個分
材料 卵二個
   バター 250g
   砂糖  100g
   小麦粉 400g
   オレンジの皮の白い所は全くない状態で すり下ろしたもの


バターは柔らかくして 卵・砂糖と 混ぜ よくまざったら 小麦粉と混ぜて こねる。
よくこねて 冷蔵庫で休ませる。 少なくとも1時間。
この 量で パイ皿二個分なので余った分は しまっておくと 後日また作られる。

取り出して 薄くのばし パイ皿にしく。
160℃のオーブンで きれいな焼き色ができるまで焼く。
だいたい20分。 とりだして さます。(型からは出さない。)


中身の用意
クリーム Crema Pastelera いわゆるカスタードクリーム
スペインでクリームというと だいたいカスタードクリームのこと。 生クリームはナタと言います。

牛乳 1/2㍑
砂糖 100g
卵  黄身 4個
   全卵 1個
小麦粉 50㌘ ふるっておく
バニラビーンズ 二分の一 手に入らない時は バニラエッセンス
バター 30㌘

牛乳にバニラビーンズを入れて暖める。 沸騰させない。
卵に 砂糖を入れて 白っぽくなるまでかき混ぜる。
そこに温めた牛乳をこし器でバニラビーンズをとりながら まぜる。
ゆっくりかき混ぜながら 弱火に煮る。
重たくなって 火がとおり 空気がぽんと一・二度はじけたら とりだす。

林檎の用意

りんごは皮をむき しんを取り おしりからへたにむかって という方向で薄切り。

クッキー生地に クリームを流し入れ りんごをきれいにならべて オーブンへ。(160-180℃)
りんごが柔らかくなるまで。 だいたい 25分くらい。

つや出しの用意
桃のジャムと少しの水 砂糖 ブランディを小鍋に入れて 煮る。
これを出来上がった りんごパイの上に薄くのばす。

0 件のコメント: