ページ

パーティの用意 Manjar Blanco

普通のお料理教室と違うのは ここは本当にレストランの一角を利用しているので結婚式パーティのときは手伝ったりして その時に作る量が半端ではないということ。

ピーマンのツナのつめもの 六百個 用意しました。

ピーマンにはマンゴのソースをかけるのです。
かけて 3日以上寝かせます。
マンゴのソースには カソルラのちょっと辛い(HOT)エクストラバージンオイルを使います。

ブレンダーもこんなに大きいです。
肉体労働者です。


これも六百個用意しました。
スペイン版のババロア。マンハール。ジンを二本 入れました。

マンハール
牛乳 3㍑
アーモンドクリーム 1㌔
砂糖 900㌘
レモン 一個
シナモンスティック 2本
板ゼラチン 八枚(水につけておく)
生クリーム 2㍑
ジン コップ2杯

レモンの皮・シナモンスティック 砂糖 700㌘を牛乳に入れ 火にかける。
沸騰寸前に火から下ろし アーモンドクリームをいれ よくまぜ
水でもどした板ゼラチンを一枚ずついれてかき混ぜる。
これを容器ごと 氷水につけて 冷やす。
その間に 生クリームを泡立てる。 生クリームに200㌘の砂糖を足して 泡立て始める。
完璧に泡立てるのではなく あと一歩というところでやめる。
最初の牛乳とアーモンドクリームのミックス液がさめたら そこに生クリームを足していきます。
よくまぜたら 油を塗った型に入れて冷やす。

お皿に取り出し チョコレートの飾りとくだもの ホイップクリームなどで飾る。

書いてから気付いたのですが Manjar Blanco フランス語だと blanc-manger。 ブラマンジュのことだったんですねっ。
起源は アラブの料理です。

2 件のコメント:

もにか さんのコメント...

中学生のとき友達が「こんど『ぶらまんじゅ』ってお菓子つくるの!」といってレシピを見せてくれたけど、「ブラ饅頭?ブラジャーにつめるくらいでっかいまんじゅう?」と聞いたら「フランスのお菓子だようぅ~」と半泣きになったのを思い出しました。

cazorla さんのコメント...

もにかちゃんたらねーって きっと 彼女家に帰って報告したんだろうね。
ブラ饅 今度 作ってみようか~
特許はもにかさんね。