ページ

スペインの小さな一口ケーキ ピオノノ


ピオノノ 何ておかしな名前でしょう。
これは ラテン語とのミックスです。
ピオ九世 ローマ教皇の名前です。 ノノは ラテン語の九番目 スペイン語だと ノベーノ。
Pívs IX ピウスノノがラテン名 スペイン語だと ピオノベーノです。
このお菓子は ピオ九性の時代に グラナダ郊外のサンタ・フェという町で作り始めました。
細いロールケーキにカスタードクリームをまいて その上に黄身クリームをのせて 少しお砂糖をふって
焦がします。
ピオノノ九世の頭の形に似ていたから この名前があるそうですが・・・・

ピオノノ九世は 日本では ピウス九世と呼ばれることのほうが多いようです。
ウィッキーペディア ピウス九世在位:1846年6月16日-1878年2月7日

pionono

材料
スポンジケーキ 卵三個 砂糖 50㌘ 小麦粉 75㌘ 

シロップ 水 100㏄ 砂糖 70㌘ ラム酒 50cc バニラ レモンの皮 オレンジの皮

カスタードクリーム 卵二個 小麦粉 40㌘ バター大さじ1 砂糖20㌘ ラム酒 大さじ2

黄身クリーム 卵6個 砂糖50㌘ 水 70㏄

スポンジケーキ 卵に砂糖を加えて 固く泡立て 小麦粉を混ぜて 受け皿にバターを塗り ハトロン紙を敷いて 180℃で 6~10分 焼きます。

焼いている間にシロップを作る。 材料を全て火にかけ 10分煮る。

スポンジケーキに シロップを塗って しっとりさせます。

カスタードクリームは 卵は砂糖を加えて よく泡立てて小麦粉をまぜ 暖めた牛乳を加えて 弱火で火を通してできあがり。 さましておきます。 少し ラム酒を加えておいてもよいです。

ロールケーキは なるたけ細めに作ります。
鉄板の二分の一に切って 二本つくります。

黄身のクリーム シロップをまず作っておきます。
黄身を泡立てて そこに少しずつシロップをまぜ ゆっくりかき混ぜながら煮ます。
クリーム状になるまで ゆっくりかき混ぜ続けてください。




ピオノノについてもっと知りたかったら Pionono, un dulce muy artesanal


サンタフェのピオノノを買う http://www.pionono.es/
スペインのどの地域でも 二十四時間以内にお届け だそうなので スペインにいらした時は是非 お試しください。 

6 件のコメント:

YUMIQO さんのコメント...

ふーむ、ピオノノさんの頭はこういう感じだったのですねぇ。と思いを馳せながら食べるの楽しそう。
一口サイズってのもイイですね。食べやすそうです。

cazorla さんのコメント...

yumiqoさん
お菓子の名前 すごくおもしろいの多いです。これからも 少しずつ へんてこりんな名前のお菓子を紹介していきたいと思いますので・・・

une さんのコメント...

本当に名前がおもしろいですね。
サイズも食べやすいし良いですね。
でも一つ気になる事が…
記事の中に味に関してのコメントがないんですよねー。材料を見たらだいたいわかるけど、食べた事ある人のコメントを聞きたいなー。ちょっと作ってみたいんで。

匿名 さんのコメント...

Hey, you have a great blog here! With good writing and Nice writing style, Keep up the good work. Nice for share this article. This is Really nice tutorial. That's one thing I'm really looking forward. I'm definitely going to bookmark you! Looking forward to reading more from you.
Thanks for information and good day for You. Till next time.

------------------------------------------
Are you play online poker ? Get free $50 bonus for start.
Regards

ぶち さんのコメント...

はじめまして。
ピオノノを調べていてたどり着きました。文章一部おかりしてリンク貼らせて頂きます。問題がございましたらブログに御連絡ください。

匿名 さんのコメント...

thanks for sharing...