ページ

葡萄は クリスマスだけじゃ ないよ と言うテーマ

ぶどうはクリスマスだけじゃない
っていうのは スペインでは 大晦日の夜 十二時の鐘の音にあわせて12個のぶどうを食べる習慣があります。詳しくは 「12個の葡萄 大晦日のスペイン」をお読みください。
で クリスマスはナビダ Navidadなんですが これは 12月24日から1月6日まで。
だから この大晦日にいただく 葡萄も 「クリスマス」を代表する食べ物になるのです。



葡萄のブルーチーズクリームづめと 野菜チップス
ブルーチーズ 50㌘に 生クリーム大さじ1 バター小さじ1 をまぜて 電子レンジに20秒くらいいれて柔らかくしてまぜて ブルーチーズクリームを作ります。
葡萄は 皮の厚い種類の場合はしっかりむいて 一部に少し切り目を入れて 種を出します。
小さいスプーンを使って取ると 簡単にとれます。 そこに クリームをしぼりいれます。
小さめのカナッペ用トーストにもクリームを絞り出して その上に葡萄を置きます。
子供用には クリームチーズでも 言いと思いますが 葡萄の甘さとブルーチーズの独特の味がとてもあって おいしくワインがいただけます。
真ん中にあるのはチップス。 ナボ という 大根の一種 ユッカ 人参を薄く切って 揚げます。

お団子みたい・・です。
丸く切り出した洋梨のワイン煮と葡萄をくしざしにしました。


うずらのエスカベチェに いくつか葡萄を配してます。
肉料理に 果物を置くと おいしさがひきたちます。
エスカベチェは 酢を使った煮物。
肉類を一度 バージンオイルで 揚げるか 焼いて 黄金色にして 野菜とワインで煮て 肉が軟らかくなったら 酢を入れます。 酢はかなりの量。 シェリー酒のビネガーが理想ですが 手に入らない場合はワインビネガー。
この ウズラの場合は暖かいときもおいしいのですが できれば 2・3日置いて 冷たくして頂くとおいしいです。 その時 もう少し 酢が必要だと思ったら かけて。
6日くらい おいしくいただけます。
魚でも おいしい。

0 件のコメント: